大学章句:伝五章並びに補伝

投稿者: | 2017年7月12日
大きな太字は、『礼記』大学篇の原文を示す。
細字は、『礼記』大学篇に朱子が付け加えた書き下ろし文を示す。
小さな茶字は、朱子が書き下ろした注解を示す。
《読み下し》
此を本を知ると謂う。
程子(ていし)曰く、衍文(えんぶん)なりと。
此を知の至(いたり)と謂うなり。
此の句の上に、別に闕文(けつぶん)有り。此れは特(ただ)其の結語なるのみ。

右は傳(でん)の五章。蓋(けだ)し格物(かくぶつ)・致知(ちち)の義を釋(と)く。而(しこう)して今は亡ぶ。
此(こ)の章、舊本(きゅうほん)は下章に通じ、誤りて經文(けいぶん)の下に在り。

閒(このごろ)嘗(こころ)みに竊(ひそ)かに程子の意を取り、以て之を補う。曰く、所謂(いわゆる)知を致(きわ)むるは物に格(いた)るに在りとは、吾(われ)の知を致めんと欲すれば、物に卽(つ)きて其の理を窮(きわ)むるに在るを言うなり。蓋し人心の靈(れい)は、知有らざる莫(な)くして、天下の物は、理有らざる莫し。惟(た)だ理に於(おい)て未(いま)だ窮めざる有り、故に其の知盡(つく)さざる有るなり。是(ここ)を以て大學(だいがく)の始敎(しきょう)は、必ず學者(がくしゃ)をして凡(およ)そ天下の物に卽きて、其の已(すで)に知れるの理に因(よ)って、益(ますます)之を窮め、以て其の極(きわみ)に至ることを求めざる莫からしむ。力を用うることの久しくして、一旦豁然(かつぜん)として貫通(かんつう)するに至れば、則ち衆物(しゅうぶつ)の表裏(ひょうり)・精粗(せいそ)到らざる無くして、吾が心の全體(ぜんたい)・大用(たいよう)は、明(あきら)かならざるは莫し。此を物格ると謂う。此を知の至と謂うなり。


《用語解説・本文》
此を本を知ると謂う。此を知の至と謂うなり。この二句は、原文の礼記大学篇では経(5)の末尾にある。程子は前半の句を伝四章の末尾が重出した衍文(よけいな文)であるとみなし、朱子は後半の句を失われた伝五章の結語だけが残されたものである、と見立てた。二句の移動は、本来あったはずの格物致知の伝が闕文(失われた文)となったのだ、という仮定のもとで行われた文献操作であった。だが二句はそのままの形で経(5)の末尾に置かれていても意味は完全に通じるのであり、程子・朱子の衍文闕文説は後世の研究者に認められることはない。ただ朱子学のためには、この操作はきわめて重大な意見提出であった。
閒嘗みに竊かに程子の意を取り、以て之を補う。曰く、、以下が、朱子のいわゆる補伝である。
豁然として貫通するあるとき、突如全てが理解できる境地。朱子学は、人間の知は人間と万物の「理」をあくまでも追及し続けた果てに、とつじょとして開けていっさいの道理が理解できる境地があるはずだと言うのである。その境地に至るため朱子が示す方法は、己の修養と学問をひたすらに進めたその先にある、ということを示すにとどまる。
吾が心の全體・大用「体(體)」と「用」は、朱子学用語である。朱子学では万物を「体」=本質・本体と「用」=発現・作用とに分ける。心の「体」とは仁義礼智の善なる性であり、そこから発現する「用」とは惻隠(あわれみの心)・羞悪(悪をにくむ心)・恭敬(目上を敬う心)・是非(事象への正しい判断)である。それらの関係全体が理解できる、ということを言うのである。

《現代語訳》
「此を本を知ると謂う。」
程子が言うに、「これは衍文(よけいな文)である。」
これを、知能を極致まで究め尽すというのである。
この句の上に、闕文(欠落した文)がある。この句は、欠落した全体の結びの言葉でしかない。

以上は、伝の五章である。思うに格物・致知の意義が書かれていたはずであるが、今は失われてしまった。
この章は、旧本(礼記大学篇)ではつづく伝六章と連続していて、誤って「経」の文章の末尾に置かれていた。

いま試みとして、程子が言いたかったことを僭越ながら取り上げて、この伝の言葉を補ってみたい。つまり、

「いわゆる『知能を究めるとは、物事(ものごと)の真実を追求するということである』というのは、自分が知能を究めたいと望むならば、ものごとに着目してその理を窮めることで成し遂げられるということを意味するのである。思うに人の霊妙なる心には必ず知能が存在しているのであり、また天下の万物万事には必ず理が内在しているのである。単にまだ理を窮めていないからそれがわからないのであって、つまりは自己の知能をまだ尽していないからである。それゆえに、『大学』の八条目の最初の教えには、道を学ぼうとする者にまず最初に天下すべてのものごとに着目して、自分がすでに理解している理に沿って知能をどんどん働かせ、ものごとへの理解をますます窮めていき、ついにはその理解の極致に至ることを求めなければならない、と定めているのである。努力を長らく続けていけば、いずれ突如として開けていっさいの道理が理解できるようになるだろう。そうなったときには、すべてのものごとの表も裏も理解し尽し、ものごとの大きな概要も小さな詳細までもくまなく理解し尽し、自分の心中にある本質と作用の関係の総体を、すっかり明らかにすることができるだろう。これを物事(ものごと)の真実を追求すると言うのであり、これを知能を極致まで究め尽すというのである」と。

《原文》
此謂知本。
程子曰、衍文也。
此謂知之至也。
此句之上、別有闕文、此特其結語耳。

右傳之五章。蓋釋格物・致知之義。而今亡矣。
此章舊本通下章、誤在經文之下。

閒嘗竊取程子之意、以補之。曰、所謂致知在格物者、言欲致吾之知、在卽物而窮其理也。蓋人心之靈、莫不有知、而天下之物、莫不有理。惟於理有未窮、故其知有不盡也。是以大學始敎、必使學者卽凡天下之物、莫不因其已知之理、而益窮之、以求至乎其極。至於用力之久、而一旦豁然貫通焉、則衆物之表裏・精粗無不到、而吾心之全體・大用、無不明矣。此謂物格。此謂知之至也。

ここは、章句の最もオリジナルな箇所である。礼記大学篇には、格物致知の具体的な説明の文がない。またさきの八条目のところで見たように、『孟子』『中庸』にも格物致知の体系的な説明が欠けている。唯一『荀子』だけがその解蔽・正名両篇を中心に格物致知のための体系的な議論を展開しているが、朱子学はこれを正統な論として取ることはない。よって、朱子は程子以来の独創を承けて、ここに格物致知の補伝を試みたのであった。

朱子は『大学章句』を含む『四書集注』を四書の注解の本篇として編んだが、それと並んで朱子の注解に対する疑問質問に回答する形で解説を行った『四書或問(ししょわくもん)』を遺した。その大学篇に当たるのが『大学或問(だいがくわくもん)』である(わが国の熊沢蕃山にも『大学或問』があるが別の著作である)。大学或問には、大学章句についての朱子のより詳細な説明が置かれている。その格物致知の章において、質問者が朱子の補伝は程子の論旨と合致する旨を程子の言葉を長大に引用して説明した後で、このように言う。

其の力を用うるの方の若(ごと)きは、則ち或(あるい)は之を事爲(じい)の著(あら)わなるに考え、或は之を念慮の微かなるに察し、或は之を文字の中に求め、或は之を講論の際に索(もと)め、身心・性情の德、人倫・日用の常に於(おけ)るより、以て天地・鬼神の變(へん)、鳥獸・草木の宜(よろ)しきに至るまで、自ずから其の一物の中、以て其の當(まさ)に然るべき所にして已(や)む容(べ)からざると、其の然る所以にして易(か)う可(べ)からざる者とを見ること有らざること莫(な)からしめ、必ず其れ表裏・精粗盡(つく)さざる所無くして、又益々其の類を推して以て之に通じ、一日脱然として貫通するに至りては、則ち天下の物に於(おい)て、皆以て其の義理・精微の極まる所を究むること有りて、吾が聡明・叡智も、亦(また)皆以て其の心の本體(ほんたい)を極むること有りて盡さざること無し。

朱子学の論はいわゆる形而上学であって、この世界の一切万物の背後には「理」が貫かれていることを大前提とする。この「理」を窮めて突き止めることが「窮理」であり、江戸時代にはPhysicsの訳として「窮理学」が充てられていた。このように書けば「理」とは物理法則のようなものか、と思うかもしれないが、朱子学の「理」は人間の倫理法則から鳥獣草木天地神霊の一切万物の中まで貫かれていると主張される。大宇宙の正義あるいは摂理とでもいうべき、壮大なものである。『大学』原文の八条目において格物・致知が誠意以下の六条の前に置かれている理由は、道を学ぶ者は「理」を学び知って納得する行為が先に置かれるからである。人間は人間倫理の「理」を学び、社会歴史の「理」を学び、さらに万物の「理」を学んで積み重ねることによって、いつか脱然として貫通して宇宙すべての「理」を極める聡明叡智に至るであろう。その聡明叡智を持つことができたのが、孔子たちいにしえの聖人であるというのである。聖人たちの知が一切万物の「理」を知り尽くす極みを成すことができたのは、「理」が宇宙に客観的に実在していて、それを人間の知によって解明することが可能である、という前提に立っているからである。なぜそんな前提に立てるのかといえば、人間は天から善性を与えられていて、善なる倫理を「理」として知ることができて、すすんで万物の「理」を知ることができる理性が埋め込まれているからである。いにしえの聖人たちは自らの善性をおおわれず、善性のままに生きることができたので、一切万物において聡明叡智を発揮することができたというのである。

朱子学の知のあり方は、限られたテーマに仮説・検証を行う近代科学のようではない。それは人間からはじまり社会・自然をも含む宇宙全体への総合知の追究であり、言い換えるならば信念・信仰の領域というべきである。私はひとが世界に正義や摂理があることを信じる信念信仰を持つことは、人が強く生きるために大事なことであると思う。現代において朱子学は、人間倫理に限定してそこに正義や摂理があることを信じる信念として、捉えるのがよいであろう。疑似科学としての朱子学を現代に取り上げることは、できそうにない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です