史記・孟子荀卿列伝

史記・孟子荀卿列伝より原文を抜粋

自騶衍與齊之稷下先生、如淳于髡・慎到・環淵・接子・田駢・騶奭之徒、各著書言治亂之事、以干世主、豈可勝道哉、

(中略)

荀卿趙人、年五十始來游學於齊、騶衍之術迂大而閎辯、奭也文具難施、淳于髡久與處、有得善言、故齊人頌曰、談天衍、雕龍奭、炙轂過髡、田駢之屬皆已死、齊襄王時、而荀卿最爲老師、齊尚脩列大夫之缺、而荀卿三爲祭酒焉、齊人或讒荀卿、荀卿乃適楚、而春申君以爲蘭陵令、春申君死而荀卿廢、因家蘭陵、李斯嘗爲弟子、已而相秦、荀卿嫉濁世之政、亡國亂君相屬、不遂大道而營於巫祝、信禨祥、鄙儒小拘、如莊周等又猾稽亂俗、於是推儒・墨・道德之行事興壞、序列著數萬言而卒、因葬蘭陵、

上の読み下し文

騶衍(すうえん)より斉の稷下(しょくか)先生、淳于髡(じゅんうこん)・慎到(しんとう)・環淵・接子・田駢(でんべん)・騶奭(すうせき)の徒の如きに与(およ)ぶまで、各(おのおの)書を著して治乱の事を言い、以て世主に干(もと)む。豈(あ)に道(い)ふに勝(た)ふべけんや。

(中略)

荀卿は趙人なり。年五十にして、始めて斉に来たりて遊学す。騶衍の術は迂大にして閎弁(こうべん)なり。奭は文具(そな)われども施すに難し。淳于髡は久しく与(とも)に處(お)れば、善言を得る有り。故に斉人(せいひと)は頌(しょう)して曰わく、談天を談ずるの衍、龍を雕(ほ)るの奭、轂過(こくか)を炙るの髡、と。田駢の屬(たぐい)は皆已に死す。斉襄王の時、荀卿最も老師たり。斉尚(な)お列大夫の缺(けつ)を脩めて、荀卿三たび祭酒と為る。斉人或いは荀卿を讒(ざん)ず。荀卿乃(すな)わち楚に適(ゆ)く。而(しこ)うして春申君以て蘭陵令と為す。春申君死して荀卿廃せらる。因(よ)りて蘭陵(らんりょう)に家す。李斯嘗(かつ)て弟子(ていし)と為り、已に秦に相たり。荀卿濁世の政、亡国乱君相属(つづ)き、大道を遂げずして巫祝に営(まど)い、禨祥(きしょう)を信じ、鄙儒(ひじゅ)は小拘(しょうこう)し、荘周等の如きはまた猾稽(こっけい)にして俗を乱すを嫉(にく)む。是に於て儒・墨・道徳の行事興壊を推し、序列して数万言を著して卒(しゅっ)す。因りて蘭陵に葬る。

現代語訳

騶衍をはじめとして、戦国時代の斉の都に集まった「稷下(しょくか)先生」には淳于髡(じゅんうこん)・慎到(しんとう)・環淵・接子・田駢(でんべん)・騶奭(すうせき)などがいたが、これらはおのおのが著作を書いて治乱のことを論議し、これによって時代の君主に自分を売り込んだのである。こうした論客の数は当時あまりに多かったために、いちいち列挙できないほどだ。

(中略)

荀卿は、戦国時代の趙国の出身である。五十歳になって、はじめて斉にやって来て遊学した。

(彼がやって来た頃の斉国の思想界といえば)、騶衍の議論はむやみに遠まわしで壮大であったが、博覧強記で弁が立った。騶奭はレトリック巧みであったが、実際的な策に乏しかった。淳于髡はじっくりと付き合ってみれば、善言をもらえることもあった。こうして斉の国人は、「天を談ずる騶衍、龍を彫る騶奭、炙っても尽きない油の淳于髡」などと囃したものであった。

田駢以下の論者たちがすでに死去した頃、斉の襄王(じょうおう)の時には荀卿は最年長の老師となっていた。斉国はなお列大夫の欠員を補充していて、荀卿は斉で三度祭酒(さいしゅ、長老のことという)の座に着くことを繰り返したのであった。

斉の国人に、荀卿を誹謗する者がいた。こうして荀卿は、楚に向かった。楚の実力者である春申君(しゅんしんくん)は、彼を蘭陵(らんりょう)の令に任命した。だが春申君も死に、荀卿は解任された。この後、荀卿は蘭陵に居を構えた。李斯(りし)は、かつて彼の弟子となったことがあったが、秦帝国の宰相となった。

荀卿は、混濁した世の政治を憎んだ。亡国乱君が相続き、君主が正道を取らずに祈祷やまじないのたぐいに惑わされるのを憎んだ。彼らが、吉凶のうらないを妄信することを憎んだ。くだらない三流教師どもが、小事にこだわり(大きなことを見ない)ことを憎んだ。 荘周(そうしゅう。荘子のこと)の徒のたぐいに至っては、面白おかしな話を展開して世の風俗を乱す。これもまた憎んだ。ここに至って荀卿は、儒家・墨家・道家の三学説と政策の興隆盛衰を論じ、書き連ねて数万語の言葉を残して死んだ。彼は蘭陵に葬られた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です